男の人

処理の方法を考える:産廃を破砕するメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くなる廃棄物

工事

ごみは家庭から出る家庭ごみと、商店や工場などから出る事業系のごみがあります。事業系のごみは産業廃棄物と呼ばれていて、出した授業者が責任を持って廃棄物処理を行わなければなりませんが、業者に委託して廃棄物処理を行っている事業者がほとんどです。

Read

コストと再利用

重機

最適な方法として

絶えず排出され続ける産業廃棄物こと産廃ですが、その処理の仕方にはさまざまな方法があります。コストや処理時間や効率などを考え、最適の方法を取ることが重要です。品目によって処理方法は変ってきます。たとえば金属が含まれていたなら選別が行われますし、木屑であれば燃やして処理され減容されています。そのなかでも破砕は再利用目的で行われることも多く、コスト面でも優れた処理方法であるとも言えます。産廃の中に廃プラという品目がありますが、これはおもに破砕で処理を行い、その後リサイクルされたり、廃タイヤなどは燃料としてされることもあります。また破砕は機密保持や転売防止にも役立つため、多くの業者が取り入れています。

機密を保持するために

他の処理も同様ですが、産廃を破砕するにあたって、専用の機械が使われます。破砕機は大小さまざまなものがありますが、取り扱う量や品目によって導入する機械を選定すると良いでしょう。レンタルもあるので、短期的にコストを抑えたいならおすすめです。破砕機はかなり強力ですので、どんな物であっても砕いて裁断することが可能です。大きい破砕機なら細かく切断せずにそのまま投入してもかまいません。先述したように産廃の破砕は機密保持の役割が大きいのが特徴です。企業ロゴが入ったものや、データが残っているパソコンなどはそのまま廃棄すれば危険を伴います。また、転売するために勝手に拾っていく人もいるので、破砕はそういった防止にも活躍します。

瓦礫もリサイクルに

男の人

鉄筋コンクリートなどの大型の瓦礫は産業廃棄物場でクラッシャーと呼ばれる大型機械で破砕され、人の手でコンクリートがらと鉄筋に瓦礫選別されて、リサイクルされていきます。大型の破砕機を使用しないといけないぐらいに、工事現場では瓦礫が大量に出ます。

Read

ごみ処理の方法

工事現場

埼玉県は環境の保全にも力を入れており、産業廃棄物の処理などにも細かいルールがあります。産業廃棄物処理業者に依頼することで、安全に廃棄物を処理することが可能になりますので信頼できる業者を探して依頼をしましょう。

Read